プロミスの審査を申し込むときの注意点は?基準は厳しい?

一般的に消費者金融のキャッシングの金利というものは銀行カードローンよりも高金利となる場合が多いです。

消費者金融のキャッシングの金利は3.0%から18.0%程度なのですが銀行プロミスのカードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、明らかに金利が低いことがわかります。

消費者金融の最大貸出限度額は、500から800万円と設定されていることが多いのですが銀行プロミスのカードローンは800から1 200万円と高額です。

(一部の銀行を除く)しかしその一方で、銀行プロミスのカードローンの場合は事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のプロミスのキャッシングは事業用資金に使用を認められていることが多いです。

又、銀行の場合は同行に口座を開設するなどといった条件が付く場合がありますが消費者金融のプロミスの場合は預金機能がないので、取引銀行口座を自由に設定できるメリットもあります。

消費者金融は貸金業と言う法律で規制されていますから銀行を規制している銀行法とは違う法律の適用を受けています。

貸金業法と銀行法の違いは何かというと貸金業法には融資金額の制限がある総量規制があることです。

総量規制は、個人の年収の1/3を超える金額の融資を禁止するもので総量規制によって、借り過ぎを抑止する効果を目的としています。

そのため、専業主婦などは消費者金融に借り入れを申し込んでも仮審査の段階で却下されてしまいます。

ちなみに、銀行は銀行法で規制されているため総量規制がなく、専業主婦の方でも借入可能となっています。

現在の消費者金融はクリーンなイメージですがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と呼ばれ、堅気の世界ではない感じがしました。

当時はバブル絶頂で金銭感覚が狂ってした人たちが多く容易にお金を用立ててくれるサラ金や街金で借金を繰り返していきました。

借りたお金には利子をつけて返さなければいけないのですが簡単に借金する人に返済能力があるわけがありません。

一方で、サラ金や街金は返済してもらわないと損益が出てしまいますので反社会的集団的な人たちと思われるかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

今は法律が整備されたことにより乱暴な取り立ては禁止されていますので昔のように電話で恫喝したり自宅まで押しかけてきたり・・ということはなくなりました。

消費者金融のプロミスのキャッシングのメリットはなんといっても簡単に借り入れることができ好きな時にATMから返済できるので手軽に利用することができます。

プロミスのカードローンは使い方によっては非常に便利なものなのですが住宅ローンなどといった融資額が大きいローン組めなくなることが心配されます。

住宅ローンは長期に渡って返済していくローンですからローンを組む人は金銭的に安定していることが第一条件となるのです。

カードローンの利用者は慢性的な金欠状態にあると判断され事前審査の段階で落とされる可能性がぐっと高まります。

返済し終わっていてもローンカードを持っているだけで審査は不利に働きますので住宅ローンを組むなら、プロミスのカードローンは解約しておいたほうが良いでしょう。

住宅ローンなどの高額なローンには保証人や担保が必要となりますがカードローンはそれらが不要な無担保ローンです。

住宅ローンは借り入れ額が多く返済も長期に渡るため返済期間中に問題が起きる可能性はないかをきちん審査する必要があります。

プロミスのカードローンやクレジットカードなどのローンというものは住宅ローンほど大きな金額を借り入れるわけではありませんし、返済期間も長期ではありません。

そのため、個人の信用情報だけでローンを組むことができますし保証人や担保も不要です。

何より、保証人を立てて審査をすると時間がかかってしまうためプロミスのカードローンのメリットであるスピード感が喪失していまいます。

近頃の消費者金融のプロミスといえば法律の改正やCMでのイメージアップ効果によって堅気じゃない、ブラック企業、恐ろしい...というイメージから払拭されていると言えるのではないでしょうか。

最近は就職先としての人気もうなぎ上りのようなので消費者金融のプロミス業界の業務内容や労働条件を解説します。

業務内容ですが債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済遅延者には電話やメールにて督促を出します。

就職するにあたり、絶対に取得しておくべき資格はありませんが店長(責任者)になるには「貸金業務取扱主任者」の資格が必要となります。

肝心の年収についてですが大卒の初任給で20から30万円程度でノルマ達成などの成果を上げるとボーナスという形で評価されます。

消費者金融のプロミスのメリットはなんといっても銀行に比べてお金を借りやすく数年前までは、本当に簡単な手続きで借りることができました。

当時は、現在のようにきちんとした法整備が確立されていなかったため、規定よりも高金利で借り入れていた人がたくさんいました。

これが、テレビやラジオのCMで呼びかけられている過払い金というもので多く払い過ぎてしまった金利分を意味します。

過払い金は返還してもらう権利があるのですが、過払い金の払い戻し請求には期限があるので注意が必要です。

完済した日から10年経過すると時効になってしまい過払い金の請求権を失いますから心当たりがある人は過払い金請求に詳しい法律相談事務所に相談することが大切です。

カードローンの新規申込の申し込み方にはいくつかあり一般的には、電話やインターネット、郵送などで申し込むことができます。

郵送の場合は、店舗や電話にて申込書をもらい必要事項を記入後、送付し審査結果を待ちます。

審査にクリアしたら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封し送ると手続きが行われて、ローンカードが郵送されてくることになります。

ちなみに、ネット経由の申し込みでは消費者金融のサイトにある申込フォームに入力して送信するだけです。

審査通過メールが届き次第、記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等で撮影してアップロードすれば審査が完結する「web完結」が最近のカードローン申請の主流です。

消費者金融と言うとサラ金や街金が連想され怖いというイメージを持つ人がいまだに多いですよね。

バブル崩壊期は暴力的な取り立てや自宅や会社へ押しかけて取り立てるといった行為が横行していました。

現在は、法律が改正され銀行の傘下に入る企業が多くなりましたのでブラック企業のイメージは払しょくされつつあります。

最近では、コマーシャルに人気タレントを採用したり借金を意識させない内容でイメージアップが成功してきています。

一方で内容がイメージ戦略に偏りすぎているCMも多く何のCMだか全然分からないという声聞こえてきます。

消費者金融のキャッシングと銀行プロミスのカードローンは似て非なるものです。

両者それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のメリットは審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行プロミスのカードローンと比べると高金利なことや、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法と法律が異なっており貸金業法には総量規制があります。

これは、借金の増えすぎを止めるために設定された規制で借り手の年収の1/3を超えてはいけないというものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンなどといった担保を付けるローンは除外されプロミスのカードローンやキャッシングのように、無担保のローンにだけ適用されます。

簡単に借り入れができると言われる消費者金融ですが審査能力は伊達ではありません。

審査基準が高いというイメージが強い銀行カードローンですが、実は審査しているのは消費者金融業者ということを知っていましたか?貸金業法改正により大口融資が不可となった消費者金融業者の大多数は銀行グループの関連企業の傘下に入る道を選びました。

一般的なイメージでは消費者金融と比べて銀行の方が全てにおいて長けていると思うかもしれませんが審査に関しては圧倒的に消費者金融のプロミスの方が数段上手(うわて)です。

銀行は預金などの業務の一環として金融も行っているだけなので融資を本業としている消費者金融の方が、与信審査の専門性が高いのは当然ともいえます。

カードローンの仕組みを知っていますか?カードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲内であれば借り入れや返済を自由に行うことができるキャッシングローンです。

毎月の決まった日時に残高に対して利息が計算され返済日に引き落としされる「約定返済」が基本の返済方法となります。

引き落される金額は借入残高によってランク分けされて決まっておりその金額の範囲内から利息を差し引いた分が元本の返済に充てられという流れです。

そのため、利息の計算日までにできるだけ元本を少なくしておくことが利子を減らす有効な方法となります。

ローンの返済には、約定返済以外にも繰り上げ返済という方法があり多くの収入があったときなどにまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

消費者金融各社の借入れ条件やデータを比較したい場合ランキングサイトを見れば一目瞭然です。

消費者金融業者ごとにまとめて紹介しているランキングサイトもあれば一覧表にすることで比較しやすく表示してくれているサイトもあります。

各金融機関についてそれぞれお勧めポイントを紹介してくれているサイトもあるので消費者金融に詳しくない人でも、簡単に比較や選択することができます。

しかも公式サイトへのリンクを貼って誘導してくれるサイトが普通なので比較後、すぐに手続きをすることも可能です。

又、一覧サイトの中には、申し込み時の記入方法や審査をクリアするためのコツを教えてくれるサイトもありますので、積極的に利用することをお勧めします。

お金を工面する方法としてカードローンがありますが銀行が融資してくれるものと消費者金融のプロミスが融資してくれるものと2種類があります。

銀行プロミスのカードローンは金利が低く、貸出限度額が大きいのですが審査が厳しいこともあり、属性が高い人におすすめしたいプロミスのカードローンです。

消費者金融のキャッシングはというと金利が高め、最大貸出限度額も低く、借主の年収や借入れ状況によっても限度額が変わります。

そのため、消費者金融のキャッシングの方が銀行プロミスのカードローンよりもデメリットが多いように思えますが、銀行と比較すると、消費者金融のプロミスのキャッシングの方が審査に通りやすいため属性に自信が無い方でも審査に通る可能性があります。

また、審査結果の通知も早く、即日融資もしてもらえるのでとにかく急いで借りたい、手っ取り早く借りたいという人にはおすすめです。

プロミスなど消費者金融で高い人気を獲得する要素としては低金利で審査が早いといった理由があげられます。

しかしながら、消費者金融は総量規制があるのでサービス内容で個性が出しにくく限度額に関しても借り手の経済力が左右するため、人気の要因ではないと思われます。

人気ランキング上位のデータ比較してみてもどの消費者金融も審査時間は最短30分、融資されるまで最短60分、最大金利は18.0%程度なので大きな差はありません。

そのようなことよりも、簡単に手続きが完了するかということや自動契約機や、提携ATMが多いことのほうが人気の秘訣のようです。

又、テレビやラジオで流れるCMで起用されるタレントさんやCMから伝わってくるイメージも大きく影響していると思います。

参考:プロミス借りてみてどうだった?【私のプロミス借入体験記】