保険料夫婦二人だと相場はいくらくらい?【保険の無料相談】

保険無料相談の広告を見ていると疑問に思うことがあります。

それは「無料」ではない「有料」の保険相談もあるの?ということです。

結論から言うと存在します。

相談サービスは元々有料なのが基本だったそうです。

では有料と無料でのメリット・デメリットは何があるのでしょう。

無料相談の場合、FPは保険について確認・相談するだけではお金はもらえず、提案した生命保険への契約が成立して初めて保険会社から手数料という形でお金をもらっています。

なので、FPにとって手数料のいい保険(FPにとって都合のいい保険)を勧めてくる人が中にはいます。

逆に、有料の相談の場合、販売ノルマのようなものがないため、無料相談より親身になってくれる可能性が高いそうです。

少し前のことですが、買い物に行った際に買ったものへのサポートをトラブルの経験や気持ちになったことはありますか。

中には、生命保険に加入しようとして案内担当者の説明不足な状態で例えば、保険の説明をしているときに不足している部分が重要だったという場合もあるそうです。

他には、病気の治療で入院して保険金を請求したら告知義務違反で保険料が支払われないこともあるそうです。

こういったトラブルが起きた時にどうしたらいいのかわからないですよね。

人生の中で保険は家の次に高価な買い物と言われるくらいで生命保険トラブルを得意とする弁護士もいるようです。

こういったトラブルが発生した時には弁護士に相談してみるのも一つの手です。

広告を見て保険無料相談を申し込んでみたけれど、あまりこちらの要望を聞いてくれないという話を聞きます。

では、有料の保険相談サービスを利用してみるのはどうでしょう。

有料相談サービスは大体5000から20000円くらいが値段相場となっているようです。

有料のメリットとしては、無料相談と違い無理に契約を狙うものではないことや無料相談サービス内で相談者からの評価の高い優秀なFPが担当してくれることが多いことです。

そのため、無料相談よりもお客様目線でアドバイスをしてくれることが多いです。

また、有料相談を行なっているところは、独自の認定基準を設定しています。

「相談に満足しなかった場合は、相談料を返す」という案内文も自信の表れでしょうか。

有料は嫌だという方は、担当者を変えるなど何度も無料相談を行なってください。

ネットで少し調べるだけでも、数ある保険無料相談会社についてさまざまなクチコミが見られます。

それだけたくさんの人が疑問や不安を持っていて、プロの意見を聞いてみたいと感じているということなのでしょう。

また同じだけ面談自体に不安を感じているのだと思います。

特に訪問型の面談は気になる点が多いかと思いますが、大切なのはやはりFPさんの知識の深さや提案力、またこちらの希望に沿った提案をするつもりがあるかどうかです。

どこにお願いするか決めるときには、FPさんの質について重点的にチェックしてみると良いと思います。

世間には無料で保険相談に乗ってくれる会社がたくさんありますが、テレビCMや全国展開している店舗などで有名なのが「ほけんの窓口」だと思います。

来店型の中でもトップクラスの知名度を誇る会社で、口コミや体験談を探すのに苦労しないところもありがたいです。

FPさんとの最初の面談ではまず基本的な知識の確認から始め、質問をしても嫌な顔せず答えてくれるとのことで評判が良く、満足度も高いとのこと。

また取扱っている商品の数も多いので、FPさんの提案にも幅が出ることでしょう。

保険のプロと0円で見直しができるだけでなく、さらに商品券やギフト券までもらえたら嬉しいですよね。

ゲットするためにどうすれば良いかというと、FPさんとの面談を受けるだけで良かったり、面談後のアンケートに答えたりといろいろなようです。

一万円に満たないほどの金額ではありますがもし数社と面談するなら合計で一万円以上もらえる可能性もあります。

注意しなければならないのは、プレゼントの方が目的ではないので、あくまでおまけとして頭の片隅に置く程度にして面談そのものを意味のあるものにしましょう。

豪華な商品がもらえると言うキャンペーンで相談者を募集している保険無料相談サービスをネット上を中心に見かけます。

半分以上の方が、保険相談の申し込みをwebフォームから行えば商品がもらえると思いがちですがそれは間違いです。

多くのサービスでは数回の面談後、アンケート回答などを景品プレゼントの条件にしています。

そもそも、申し込んだからといって必ずしも面談の予定が確定できるわけではありません。

特に、中小規模のサービス会社に申し込んだ場合は、FPの登録者数が少ないため面談の予定がなかなか決まらないことがあります。

保険相談をしたい場合には、どんな方法があるでしょうか。

FPさんが来てくれるタイプを選ぶ人もいれば、テレビコマーシャルでもよく見かけるように、店舗に自ら足を運ぶという人も結構多いかもしれません。

日本中にお店があるような有名どころですとショッピングモール内など、用事の帰りがけなどに行きやすい場所で店舗を構えていたりするので、気楽な感じで入れそうです。

家を知られたくなかったり、プライバシーが確保できない場所でお金や生活の話をしたりするのが嫌なら、一度来店型で面談を考えてみても良いかもしれません。

将来のことを見据えて保険の加入を考えている方、相談をするならサービスを選びましょう。

選び方は近所にあるからというのもいいのですがサービスによっては、黒毛和牛肉やお米をプレゼントしているサービスもあるんです。

申し込みの流れとしては、HPの予約フォームから相談日を決めて、家計&保険無料相談後に条件を達成しているともらえるそうです。

でも、無料で商品プレゼントを行っているサービスって強制的・強引な勧誘をしてそうで質が悪そうな考えもわかります。

FP紹介サービスの多くでは、相談者から多く苦情の来ているFPは契約解除を行うサービスもあるほど対策を考えています。

毎月の出費を低く抑えたい、というのは差に大小はあるでしょうが皆さんも思っているはずです。

保険料金が節約できるかもしれません。

最近、テレビのCMなどでも耳にする保険無料相談を利用してみるのはどうでしょうか?でも、保険の知識がなくても利用して大丈夫なの?相談に行ったら必ず保険を契約しなきゃいけないみたいで行きにくい。

という印象を持ってしまう方もいますよね。

でも安心してください、知識がなくても加入中の保険の確認をしてもらえます。

その場合は、契約中の保険証券などを持っていくとよりどう行った保障が付いているのかわかりやすくなります。

保険を見直すときにはざっくり2種類ある訪問タイプにしろ来店タイプにしろ直接面談するのが普通かと思いますが、中にはより手軽に電話での話合を受け付けているところもあるのだとか。

流れをたどってみますと、最初にネットなどから電話をしてもらう時間の予約をする必要がありますが、その後にすることと言えばあとは連絡を待つだけ。

もちろんお金はかかりません。

これなら本当に良い提案のときだけ話を聞いていれば良いので、ほかの方法より試しやすいと感じるのではないでしょうか。

車の買取や引っ越しなど様々な場面で見積もりを取りますよね。

見積もりをすると各社から電話がかかってきます。

値段交渉をしたりするのが楽しいという人もいますが若者を中心に最近では、電話が苦手という人も多い印象を持っています。

保険無料相談サービスの場合は、強制的な勧誘を行ったり、評判の悪いFPに対して契約解除を行うサービスもあるほど勧誘トラブルへの対策が考えられています。

また、もし強引な勧誘を行うFPが担当になった場合はストップコールという制度があり、電話一本で勧誘・相談のストップや担当FPをチェンジすることも可能です。

勇気を出して保険無料相談をA社のFPにしてみたら保険の乗り換えを勧められた。

保険は住宅の次に高い買い物と言われています。

そのFPが信頼できると思えたならそのまま乗り換えるのも良いのですが、できれば別のB社などいくつか同じ相談をして提案内容を比べるのをおすすめします。

その際に気をつけて欲しいのがA社の提案内容をB社に見せる場合、価格競争を始めてしまう、A社にない提案ばかりしてくる可能性があります。

担当者によって考え方は変わりますがA社の提案内容を見せる場合、「この内容でOKです」と言うくらいの担当者だったらほぼ間違いなく信頼できます。

ぜひ、その人に頼みましょう。

B社に見せない場合は、単純に提案内容の比較にもなります。

せっかく無料で保険について話し合うことができるのですから、その時間を無駄にしないようにしたいものです。

気を付けておきたい見直しポイントとしては、今の保障内容や月額料金、またそれらのバランスはどうか?自分のライフスタイルに合った保険なのか?ということです。

面談までの準備として人生設計について多少考えておき、健康診断や人間ドックの結果を用意しておきましょう。

それによりFPさんとしてもより具体的に提案しやすくなると思います。

最終的にはどこと面談をするかも大切になってくるので、会社選びも慎重にしましょう。

最近様々なところで目にする、耳にする保険無料相談サービスですが、本当に宣伝通りに無料なの?と思ってしまう人もいると思います。

なぜ無料でできるのかを調べてみました。

その理由は各保険会社から契約成立時に手数料が収益という形で受け取っているからです。

つまり、相談サービス会社としては、提案した保険に加入してもらうことが一番重要になります。

そのため、特に評判を気にしている業界となり「相談をしたら今より高い保険を勧められそう」といった心配事は風評を気にする業界なのでまず起きないと思って良さそうです。

参考:保険料は月にいくら払うのか?相場の目安と注意点

今の保険を選んだ際の決め手はなんですか?ランキングサイトなどインターネット上の情報を参考にした人、職場に来た営業の人の説明や知人の話などいろいろな参考材料があると思います。

そうやって決めた結果、思っていたよりも月々の料金が負担になっている、実は保障内容を理解していないという人も多いのではないでしょうか。

保険無料相談サービスを利用しましょう。

当然のことですが加入当時と現在で生活状況は変わってくるものです。

思い切って相談してみた結果、保障内容がほぼ同じなのに月額が低くなった、今の家族構成により合った内容に紹介してもらえたという話も多いです。

家計がギリギリ、でも将来のために貯金はしたい!という方はどの部分の支出を削りましょうか。

お子さんがいる場合は食費はなるべく減らしたくないですよね。

そうするとすぐに思いつくのは、携帯電話料金です。

ついつい課金をしてしまっているのを減らしたり格安SIMに切り替えをするという方法です。

もっと節約を考えるなら保険料の見直しをしてはどうでしょう。

保険無料相談サービスを利用した人のブログなどから感想を見ると現在の契約状況・保障内容を様々な角度から見て提案してくれたそうです。

そのブログ主の担当者さんは説明がわかりやすく信頼できたそうなので皆さんも相談をする際は信頼できる担当者を見つけましょう。

テレビで保険無料相談のCMを見ていると疑問に思うことがあります。

それは「有料」の保険相談もあるの?という疑問です。

結論から言うと存在します。

相談サービスは元々有料なのが基本だったそうです。

では有料と無料でのメリット・デメリットは何があるのでしょう。

無料相談の場合、FPは相談者と面談するだけでお金はもらえず、提案した生命保険に加入してもらって初めて保険会社から手数料をもらうことでお金をもらっています。

そのため、FPにとって契約時の報酬がの高い保険ばかりを提案してくる人が中にはいるそうです。

逆に、有料の相談の場合、無料相談と比べ、相談者目線で話を聞いてくれる可能性が高いそうです。

今、巷で話題の保険無料相談。

その道のプロとがっつり話し合いができるというのに、お金がかからないというのは不思議な話です。

一体どういった仕組みで運営されているのか、少し調べてみました。

簡潔に言えば紹介される保険会社がFPさんたちにお金を出しており、契約ができたときにはじめて支払われるシステムなんだとか。

ですからどれほど優秀なFPさんであっても契約に至ってようやくお金をもらえることになるわけですが、そのチャンスはたくさん得られるので、持ちつ持たれつといった感じのようです。

車の買取など様々な場面で見積もりをしますよね。

見積もりを取った後は業者から電話がかかってきます。

好きな人はそこで値段交渉をしたりするのが楽しいと言いますが若者を中心に最近では、電話が苦手という人も多い印象を持っています。

保険無料相談サービスの案内時では、強制的な勧誘を行ったり、利用者の評価が低いFPを登録解除を行うサービスもあるほど勧誘トラブルへの対策が考えられています。

また、万が一担当者が強制的な勧誘を行う場合はストップコールという制度があり、電話一本で勧誘の停止や担当FPをチェンジすることも可能です。

専門家に保険について相談したいとき、どうすれば良いでしょうか。

FPさんに来てもらうという人もいれば、テレビコマーシャルでもよく見かけるように、お店までこちらから出向きたいという人もたくさんおられるでしょう。

全国展開しているような会社なら駅前や地下街などといった、人通りが多く便利な場所にお店がある場合も多くあり、利用する方も気軽です。

自分一人しかいない家に呼んだり、ファミレスなどでプライベートな話をしたりするのが嫌な人は、実店舗を構えているところが良いかもしれません。

インターネットの中では、たくさんの保険無料相談会社のクチコミがあります。

それだけたくさんの人が疑問や不安を持っていて、プロの意見を聞いてみたいと感じているということなのでしょう。

さらに面談そのものについて知りたい気持ちもあると思います。

特に訪問型の面談は気になる点が多いかと思いますが、重点的に見るべきなのはFPさんの知識量や提案力について、さらに客側の希望を取り入れようとしてくれるかどうかでしょう。

気になった会社を調べる際には、特にFPさんの対応などを気を付けて見てみると良いでしょう。

「保険業法」では保険の勧誘や販売についていろいろな規制をかけています。

保険業法第300条への指針として「保険会社向けの総合的な監督指針」を金融庁は2017年4月に策定しました。

そのため相談者特典として換金性の高いギフト券やポイント、マイルなどをプレゼントしてはいけないのです。

では、牛肉などの景品をプレゼントしている場合はどうなのでしょうか。

実は、前述の指針では景品プレゼントについての具体例は記載されておらず、社会的儀礼として行われる香典などの慶弔関係やカレンダーの配布などは保険業法の禁止事項には当たらないとしています。

そのため、換金性の低い商品をプレゼントするのは「完全にクロ」ともクロともシロとも言えないグレーゾーンと言えます。

毎月の出費をどうにか低くしたい、というのは差に大小はあるでしょうが皆さんも思っているはずです。

保険料金を見直しを考えてもいいかもしれません。

最近、テレビのCMなどでも耳にする保険無料相談を利用してみるのはどうでしょうか?でも、保険の知識がなくても利用して大丈夫なの?相談に行ったら必ず新しい契約をしなきゃいけないみたいで行きにくい。

というイメージを持ってしまう方もいるのではないでしょうか。

安心してください、知識がなくても今、契約中の保険の切り替えをしない方も見直しをしてもらえます。

その場合は、契約中の保険証券などを持っていくとよりどう行った状況かわかりやすくなります。

保険を見直すときには店舗へ足を運んだりFPさんに訪問してもらったりと直接会うような形が多いかと思いますが、中にはより手軽に電話での話合を受け付けているところもあるのだとか。

どんなシステムかというと、まず電話の時間予約をネットやフリーダイヤルなどで行ったら、あとは担当FPさんからのコンタクトを待つのみです。

もちろん0円でできます。

これなら本当に良い提案のときだけ話を聞いていれば良いので、直接会うよりも気軽に試せると思う人も多いかもしれませんね。

よくTVCMなどで聞く保険無料相談サービス、どうやって収入を得ているのでしょうか?その答えは、相談者が保険に加入した際の手数料です。

このシステムは相談者にとって良い面が多いです。

例を挙げると相談者が加入した時に初めて収入が発生するということは、加入してくれなければFPは無報酬で赤字状態になるため、保険紹介の質、紹介する保険の内容の熟知度を高めなければなりません。

FPは評判を気にしているので、相談者に合致しているライフプランを案内し説明内容や面談後のアフターケアなど紹介者のスキルが高いことが多いなど良い面ばかりです。

評判を気にする業界なので現在の保険の方が合っているなら別の保険を勧めることもありません。

皆さんも自分だけで悩まずに気楽に相談してはどうでしょう。

家族も増えて将来のことを見据えて保険の加入を検討している方、相談をするならサービスを選びましょう。

近所の駅前にあるから、たまたま目に入ったからという選び方もいいのですが黒毛和牛肉など景品をプレゼントしているサービスもあるんです。

流れとしては、各相談サービスのHPにある予約フォームから相談日を決めて、家計&保険無料相談後に条件を達成しているともらえるそうです。

でも、無料で商品プレゼントを行っているサービスって強制的・強引な勧誘をしてそうで質が悪そうな考えもわかります。

多くのFP紹介サービスでは、評判の悪いFPに対して登録解除を行うサービスもあるほど評判を気にしています。

世の中には無料なのに続けられているサービスがあります。

無料と謳っているのに続けられるのは何かカラクリがあるはずです。

一例として、保険無料相談サービスの場合では各保険会社からの契約手数料が相談サービス会社の主な収益になっています。

これはFPが提案した保険に相談者が加入することによって保険会社から契約手数料が相談サービス会社に入るという形です。

そのため、契約してもらうことが重要なので、生活状況や希望条件に対して無理な保険を勧めることはまず、起きないと考えてもいいです。

相談・今の保障内容の確認自体は無料なので、活用してみてください。

保険の無料相談を行っている会社はたくさんありますが、そんな中で、自分が本当に満足できる会社と出会うのは考えているより難しいのかもしれません。

ネットなどにあるランキングを参考にしてみるのも良いでしょう。

それぞれ異なった観点から格付けされているので、自分に合った会社を選びやすくなるでしょう。

よく聞くような名前の会社でも場合によっては担当者と合わないことも考えられるので、上位で自分と合いそうな会社を探してみるなど、有効利用することが満足への近道です。

皆さんは自分の入っている保険の内容ってしっかり把握していますか?少しでもわからないところがあれば確認しておいた方がいいです。

その際、おすすめするのが保険無料相談サービスの活用です。

例えば、病院で手術をした時に現在の保障ではいくら支給されるかや家が地震で崩れてしまった時の震災保険などは、日常的に意識しないので保障内容を忘れていることもあります。

そこで、無料相談サービスを利用することにより現在の保障内容が希望に合っているかを確認しましょう。

場合によっては、ほとんど同じ保障内容なのに月額を低く抑えることができる場合もありますよ。